再生可能エネルギー調査特別委員会沖縄視察 | 福岡県議会議員 古川忠後援会事務所 オフィシャルサイト

ブログ

再生可能エネルギー調査特別委員会沖縄視察

2泊3日の予定で、県議会再生可能エネルギー調査特別委員会の視察で、沖縄に来ています。
 20日は沖縄電力の「大宜味風力発電実証研究設備を視察しました。高い山の上に、タワーの高さ70m、羽根の直径83.3mの風力発電機二機を設置。年間800万㌔W、一般家庭約2200県議会分の発電をしています。台風など、強風が度々起こる沖縄ですので、強風時に羽根の角度を変えるなどの実証。また、強風時の高過ぎる発電を蓄電池の放電によって安定した出力に調整するなど、様々な工夫と苦労があるようです。
 離島では、小型で強風時に一旦倒す風力発電機もありますが、ここの規模の機を本土に増設するには、厳しい規制があり、折角の実証機を増設するのは難しいとか。
 規制の見直しなどの政治的課題がありそうです。2022.7.22

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください