管内視察2日目 | 福岡県議会議員 古川忠後援会事務所 オフィシャルサイト

ブログ

管内視察2日目

福岡県議会農林委員会、管内視察2日目は、大木町の農業組合法人「モア・ハウス」と、柳川市のノリ共同乾燥施設でした。
 モア・ハウスは、平成9年に地元の女性4人で設立し、シメジの生産を始めました。今では年間約360tを生産。女性15人の従業員も雇うなど、農業における女性の自立のモデルです。最近はアスパラの生産も手掛け、年収はなんと1億4600万円。組合員への配当金は年600万円以上という優良企業です。
 ノリ共同乾燥施設は有明漁業共同組合が主体となって運営。採って来た海苔を船着場からそのまま地下パイプで、施設まで圧送し、洗浄、細断、成形。そして乾燥迄、総て自動でやる仕組みです。ノリ業者が、家族総出で、手漉きして乾燥をしていたのに比べて、画期的な省力化です。
一次産業従事者に如何に働き易い環境を作るか、これからの大きな方向性です。
 写真はずらりと並んだ培養瓶のシメジ。
 後は、ノリ共同乾燥施設内です。2022.5.11
1 reaction

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください