防災の日 | 福岡県議会議員 古川忠後援会事務所 オフィシャルサイト

ブログ

防災の日

9月1日は防災の日でした。県議会農林水産委員会ではこの日、午前中に委員会を開催した後、この夏の長雨で農作物被害を受けた久留米、朝倉地区を視察しました。
 若手農業従事者として頑張っている北野町のパクチー農家、香月菜園では82棟ものハウス、家族、従業員も含め約20人が働いており、全国の24%ものシェアを誇っています。これが今回の大量の雨で、76棟のハウスが水に浸かる大被害。しかも大雨冠水はここ5年連続続いており、被害額は嵩む一方です。
 当面は金融面でなんとか支えなくてはなりませんが、ハウスの移転や、溢水を繰り返す筑後川水系の改良など、さまざまな手を打つ必要がありそうです。
 この地区は他にもラデュッシュの生産や大豆など若手農家が頑張っており、なんとか応援したいものです。皆さんから切実な思いを聞かせて頂きました。
 写真は被害状況を説明する香月菜園社長の香月勝昭さん。陳情書を読み上げる、若手農業者の代表。
 また、冠水被害を受けて細い茎だけ残して枯れ果てた大豆畑。2021.9.2

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください