緊急事態宣言解消 | 福岡県議会議員 古川忠後援会事務所 オフィシャルサイト

ブログ

緊急事態宣言解消

福岡県は、コロナ対策の緊急事態宣言を解消、21日からまん延防止処置に移行しました。
 移行後は、福岡市、北九州市それに久留米市において飲食店への規制が継続されます。午後8時迄の営業と同7時までのアルコールの提供制限を7月11日まで延長されます。ただし、このところ県内の新規患者数は急減しており、期限内でも規制解除の可能性もあります。
 本日は県議会6月定例会の最終日ですが、制限延長に伴う協力金の補正予算と共に、ワクチン接種の拡大の為の予算も可決する予定です。
 ワクチン接種は、理美容、旅館、ホテル、飲食店など、不特定多数の方々に接する機会が多い生活衛生関連業に従事する人への優先接種を進めることにしました。接種会場は、福岡、北九州両市の他、県内各地区の8ヶ所の予定で、12億9千万余の予算。約12万人分を想定し、7月下旬から3ヵ月かけて行う予定です。2021.6.22

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください