年末恒例の餅つき | 福岡県議会議員 古川忠後援会事務所 オフィシャルサイト

ブログ

年末恒例の餅つき

コロナ感染拡大の影響で年末恒例の餅つきが各地で中止になる中、早良区の飯原校区では、小学校グラウンドで小学生などたくさんの人が集まっての餅つき大会をやめ、13日に公民館の中で、餅つき機を使っての餅つきとなりました。
 いつもは男性が火の番や搗き手に、女性軍が丸め役ですが、この日は男性が機械で搗いた餅の丸め役。搗きたての餅は民生委員さん達によって、校区内の一人暮らしのお年寄り等に配られました。
 原4丁目では公民館庭でいつも通り餅つき。ただ皆んなマスクをつけて。私も搗いて加勢しましたが、マスクをつけたままなので少々苦しかったですね。2020.12.14

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください