9月定例県議会閉会 | 福岡県議会議員 古川忠後援会事務所 オフィシャルサイト

ブログ

9月定例県議会閉会

9月10日から一か月余続いた9月定例県議会が14日閉会。コロナウイルス感染を受けて、議論の多くもこの対策に費やされました。最終日の今日も新たにコロナ関連の補正予算が上程、即日可決されました。一議会中に3次もの補正予算が提案されるのは異例のこと。
 第3次では、引き続き感染患者専用病床の確保、PCR検査機器の整備支援に514億円余。コロナ禍で失業等により収入が減少した世帯への緊急小口資金貸付事業などに130億円余を計上。
 これで、今年度の福岡県の一般会計予算の総額は2兆2207億円まで膨れ上がっています。
 9月議会が終わる頃は、例年議会棟横の金木犀が満開を迎えます。甘い香りが心を和ませると共に、これからはいよいよ秋が深まることを改めて感じます。2020.10.14

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください