補正予算案が提案 | 福岡県議会議員 古川忠後援会事務所 オフィシャルサイト

ブログ

補正予算案が提案

福岡県では13日、新型コロナウイルス対策として、急遽補正予算案を県議会に提案、即日可決しました。
同じ議会中に三度の補正予算案が提案されるのは極めて異例です。保育施設、障がい者施設、介護施設等に対し、県で一括購入したマスクや消毒液を配布するなどの感染防止対策に4億4200万円余。又、感染症患者を受け入れる病床の確保や、人口呼吸器の導入などに2億7300万円余。
学校の臨時休校に伴って、一時的な資金が必要な方へ、生活福祉資金の貸付対象者の拡大と共に緊急小口資金の貸付上限を10万円から20万円(無利子)へ引き上げ。特別支援学校の休校に伴うデイサービスの受け入れ拡大に4億円。既に実施している中小企業への制度融資を更に拡大するなとの予算です。
コロナウイルスの影響はあらゆる所に広がっていますが、スピード感を持った対応が必要です。2020.3.16

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください