京築地区視察 | 福岡県議会議員 古川忠後援会事務所 オフィシャルサイト

ブログ

京築地区視察

県議会「県民生活・商工委員会」の視察で、3日から4日まで、京都町、行橋市など京築地区に来ています。
3日は、京都町を訪ね、国指定重要無形民俗文化財に指定されている「京築神楽」の現状について視察しました。
神楽は神の言葉を聞くことで様々な厄難から逃れ、五穀豊穣と命の再生を祈る儀式です。旧豊前国では、求菩提山の山伏などの影響なども受けて多くの神楽が伝承されており、今でも30を超す団体が、それぞれの地区の神社などで奉納するなどの活動を続けています。
この日は京都町の井上幸春市長はじめ、上伊良原神楽保存会と横瀬神楽講の代表の皆さんからお話しを伺いました。
皆さん地元の伝統芸能を守ろうと、大変な努力をされていますが、一番の問題は少子化や人口流出による後継者不足とのこと。神楽に対する興味や理解を深め、県全体として支援していくことを考えなくてはなりません。
井上市長はかつて県議会議員の同僚として一緒に働いていた間柄です。小さな町ですが、懸命に頑張ってくれています。2020.2.5

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください