12月定例県議会閉会 | 福岡県議会議員 古川忠後援会事務所 オフィシャルサイト

ブログ

12月定例県議会閉会

令和元年最後の12月定例県議会は19日、16億7千万円余の補正予算など28議案を可決して、閉会しました。
補正予算の主なものは、保育園児の散歩中に乗用車が突っ込んで園児が死傷した事故を踏まえて、ガードレールなどを設置するための予算、1億689万円。また、民生委員の活動費増額分326万円余。
民生委員の待遇は、仕事の量と質に対して低すぎるとの声を聞いています。
今回、年間の活動費を59500円から60500円に、僅か1000円のアップです。高齢者の見守りや、児童虐待防止など、福祉の担い手として活動している皆さんに十分な手当てにはまだ程遠い感はいなめませんが、ほんの少し前進です。
さて、今年の公式業務はこれで終わりですが、年の瀬に向け、まだ忙しい日は続きそうです。
写真は議会近くにある山茶花です。2019.12.19

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください