社会福祉法人悲田院の設立40周年記念式典と祝賀会 | 福岡県議会議員 古川忠後援会事務所 オフィシャルサイト

ブログ

社会福祉法人悲田院の設立40周年記念式典と祝賀会

知的障がいのある方の福祉の向上を目的に、昭和54年に授産施設「白糸農園」を設立した、社会福祉法人悲田院の設立40周年記念式典と祝賀会がこのほど行われ、私もお祝いのご挨拶をさせて頂きました。
同法人は、60年に早良区重留に「早良更生園(現在は厚生園)」も開園。また、29年には同区四箇に「四箇厚生園」を開設するなど、知的障がい者への授産や生きがい作りに貢献して来られました。
ここの特徴は周辺農家の協力を得て、利用者が農業をして、その生産物を販売する事で収入を得る「農福連携」をいち早く取り入れたこと。
昨年からは、JR前原駅構内に直営の糸島SNショップを開店。早良厚生園では、切干し大根の工場も建設して、学校給食用に出荷するなど、積極的に経済活動も展開しています。
青空のもとで農業をする事で、入所者の精神的なケアに効果があると共に経済的にも自立へ向かうという農福連携。障がい者支援としてこの農福連携が注目されてますが、まさにそのモデルとなるような、素晴らしい運営をされています。
写真は、藤井前理事長(右)と、今年就任したばかりの佐藤理事長。2019.8.7

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください