「福岡書芸院」の書展 | 福岡県議会議員 古川忠後援会事務所 オフィシャルサイト

ブログ

「福岡書芸院」の書展

毎回個性豊かな作品で楽しませてくれる「福岡書芸院」の書展が、7日から、福岡市天神のアクロス交流ギラリーで開かれています。12日まで。

今回のテーマは「西洋茶会」。書の中に英語を取り入れるなどユニークな作品の他、会員の皆さんが思い思いに自己表現をされています。

会場の中には、焼いて不思議な模様が生まれたブリキ板で囲んだ”茶室”も。”床の間”の掛軸も”一輪挿し”も何やら面白いオブジェで代用。
そのブリキの茶室で私もお茶を一杯頂きましたが、結構落ち着いた不思議な空間でした。

福岡書芸院は、伝統の書の世界にあって何より自由を大切にしているとか。
中々楽しい展覧会です。2019.5.9

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください