「経営者賞」久原本家グループ河邉哲司社主・オーレック今村健二社長 | 福岡県議会議員 古川忠後援会事務所 オフィシャルサイト

ブログ

「経営者賞」久原本家グループ河邉哲司社主・オーレック今村健二社長

ふる

九州、山口地方の中小企業で、経営や技術に優れた業績を収めた経営者を表彰する27年度の「経営者賞」に、友人の久原本家グループの河邉哲司社主と、オーレックの今村健二社長が選ばれたことから、2日夜、福岡市内のホテルで、仲間達が集っての祝賀会が開かれました。

ふる2

 

お二人共に、福岡を中心とした経営者グループ「博多21の会」の会長経験者でもあります。

河邉さんは、茅の舎出汁の大ヒットなどで今や全国に知られるようになり、当初6人だった従業員が今は850人。年商も約163億円の規模に成長させました。

又、今村さんは、広川町に本社と工場を持つ芝刈り機などの農機具のメーカー。独自の技術で、国内の小型芝刈り機のシェアは4割。フランスなどヨーロッパの葡萄畑でも一番のシェアを占めるなど、超優良企業に成長させました。

ふる3

河邉さんは、親から受け継いだ醤油屋が出発。今村さんは、農家が相手。食文化の変化で醤油産業は衰退。農家は一時期に比べ半減するなど、二人に共通するのは、どちらも苦しい経営環境の中から、知恵と努力で新しい需要を作り出し、多くの人々に支持されるようになったことです。

苦しい時期を乗り越えて来ただけに、従業員一丸となつての社風を確立されています。そして、「企業は社会に貢献してこそ価値がある」との信念で、様々な社会貢献をされているのも共通点です。
全く素晴らしい経験者であり、友人です。益々のご活躍を期待しています。2016・6・3

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください