2019年ラグビーワールドカップの経済効果は? | 福岡県議会議員 古川忠後援会事務所 オフィシャルサイト

ブログ

2019年ラグビーワールドカップの経済効果は?

2019年に日本で開かれるラグビーワールドカップの経済効果は、九州で350億円ー県議会スポーツ振興・国際交流推進特別委員会が、24日開かれ、ラグビーワールドカップなどについて議論がありました。

この大会では、九州では福岡市と大分市で試合があることが決まりましたが、選手や観客の来福などによる経済効果が大いに期待されています。因みに日本全体の経済効果は2330億円と試算されています。

今後は、試合期間のチームの公認キャンプ地。そして、期間前の事前キャンプ地の誘致合戦がいよいよ本格化します。

県内では、宗像市など7自治体がてを挙げていますが、グラウンドや宿泊施設などの条件はかなりハードルが高いようです。

好カードを誘致する為、レベスタ競技場の観客席を3万席近くまで増設することを検討している事なども明らかになりました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください