県議会厚生労働環境委員会の初会合 | 福岡県議会議員 古川忠後援会事務所 オフィシャルサイト

ブログ

県議会厚生労働環境委員会の初会合

 11、12日の連休が終わり、正月気分も一新。13日は、県議会厚生労働環境委員会の初会合。新年の公務がスタートしました。
委員会では、救急ヘリの福岡、佐賀県の相互乗り入れの開始などの報告。
 福岡県側は久留米大学、佐賀県側は佐賀大学を拠点に、機材と医者などの人員を配置。機材の故障や重複の要請の時は互いに乗り入れて補完します。
費用は県と国が半分ずつ負担。パイロットや医療関係者の待機など、年間2億円以上の費用がかかりますが、少しでも命が助けられれば…。
患者側の負担はゼロですが、一回の出動で30万円以上の費用がかかる計算になります。

noke

 写真は11日の野芥校区の新年会。〆の博多手一本をさせて頂きました。この日は早朝より、どんと焼き8ヶ所。新年会12ヶ所。
まるで運動会の様な一日でした。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください