身体障がい者などの支援をする「ワーキング・クォーズ(働く四肢まひ者)」 | 福岡県議会議員 古川忠後援会事務所 オフィシャルサイト

ブログ

身体障がい者などの支援をする「ワーキング・クォーズ(働く四肢まひ者)」

高校の後輩で、身体障がい者などの支援をする「ワーキング・クォーズ(働く四肢まひ者)」社長、清家一雄さんと1日、久しぶりに会う事ができました。

彼は修猷館高校のラグビー部で、練習試合中に頚椎を損傷、四肢が麻痺してしまいました。
しかしその重いハンディを乗り越えようと、電動車椅子で一年間のアメリカ留学を敢行。自立生活センターの活動などをリサーチして帰国し、同じ身体障がい者の支援事業を立ち上げました。

今では身体障がい者の居宅介護で、訪問介護ステーション、同ヘルパーステーションなどの他、介護タクシーなど、事業を広げ、福祉の最先端で活躍しています。

もし自分が彼の様な重大な事故に遭ったら、こんな風に出来ただろうか?彼の勇気と努力にはいつも励まされます。2019.2.10

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください