9月議会が12日閉会 | 福岡県議会議員 古川忠後援会事務所 オフィシャルサイト

ブログ

9月議会が12日閉会

一か月余続いた9月議会が12日閉会しました。報道にもあったように、福岡市が検討を始めた宿泊税を巡っての議論が注目を集めました。観光振興の為に、県が既に検討を重ねている最中に出てきた福岡市の動き。確かに宿泊施設は福岡市に集中していますが、観光は、太宰府や柳川など県内全体が関わっています。従って当然県が主導すべきと思います。県内の他の自治体は総て県の考えに賛同している中、福岡市独自に宿泊税を課すのは二重課税になってしまいます。

福岡市との調整の遅滞を巡って、最大会派の自民を中心に、小川知事への執拗なまでの追求がありましたが、これに関しては、むしろ知事を応援するのが県議会の役目の筈です。
来春の知事選に絡めての、別の思惑も透けて見え、誠に残念な動きでありました。

終わってふと気づくと、議会棟横の金木犀が膨よかな香りを放っています。議会に良識を取り戻したいものです。2018.10.12

コメントを残す