NPO法人「人の土台づくりー森信三の立腰教育ーの発会式 | 福岡県議会議員 古川忠後援会事務所 オフィシャルサイト

ブログ

NPO法人「人の土台づくりー森信三の立腰教育ーの発会式

NPO法人「人の土台づくりー森信三の立腰教育ーの発会式が、12日、福岡市内のホテルで全国各地から二百人余りの出席者のもと開かれました。
私が理事長をしていたNPO「教育オンブズマン」を引き継いで頂き、より具体的な活動へと新たな活動のスタートとなりました。


新理事長は立腰教育で幼児教育に大きな成果を挙げてこられた仁愛保育園の前園長、石橋富知子先生です。先生は、教育哲学者の森信三先生が提唱された教育哲学や立腰教育こそ人間教育の真髄との思いから、これをずっと実践してこられました。
腰骨を立てた正しい姿勢をとることが、人としての正しい行き方の全ての土台だとの考えから、幼児達を指導。園を見学した方はハキハキした返事や挨拶、脱いだ靴を綺麗に揃えるなど、園児達の姿を見て皆さん感動されます。
発会式では、この教育を更に広げ、真に自立した人間を育てたいとの石橋先生の熱い思いが語られました。

この日は森先生の三男、森迪彦さんも神戸から駆けつけ、信三先生が生前に揮毫された「一、あいさつと 二、へんじと 三、はきものと」の扁額を寄贈。この文字の中に、人の土台の全てが詰まっているようです。
私も引き続き理事として応援して行きたいと思っています。2018・2・13

コメントを残す