私立小中一貫校「志明館」設立発起人会の第三回総会 | 福岡県議会議員 古川忠後援会事務所 オフィシャルサイト

ブログ

私立小中一貫校「志明館」設立発起人会の第三回総会

しめいかん

私も幹事の一人として進めている、私立の小中一貫校「志明館」の設立発起人会の第三回総会が8日開かれ、設立目的や教育方針などについて、了承を頂きました。

「誇りと志ある日本人」として、「世界を動かす人財の卵」を、小中の9年間、15歳までに育成すると言うのが目的です。

小学校6年間の総授業数は、公立学校より1605時間多い7250時間。先ずは、塾に行かなくても、高い学力を身につける。また、現代日本及び世界における国民の淵源などを学ぶ「グローバル科」や、日本人としての誇りや良さをまなぶ「総合日本史」。古典の素読などの「国学」などを採り入れるよていです。

しめいかん2

一方で、空手やラグビーなどを教科にいれたり、山登りや遠泳など、心身ともに鍛えることにしています。

設立の場所は宗像市。市から提供頂く広大なスペースで、自然も豊かです。この四月から、設立の募金活動を開始。3年後の31年4月開校をめざします。

しめいかん3

 

写真は、発起人会共同代表の石原進さん(JR九州相談役)。幹事会代表は橋田紘一氏(九電工相談役)です。又、趣意書も出来ました。

2016・4・8

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください